HOME > お知らせ一覧 > ペンゼミ日記 「第1回全県模試を終えて…」

第1回全県模試を終えて…

2022年06月16日(木)

5月29日実施の全県模試〔合格判定表〕が届きました!!
自己採点(個々で生徒もしますが、我々も試験後すぐに行います)した結果と見比べましたが…

 

あまり自慢できる結果ではありませんが、今後の成長のために分析結果を公表します。

 

ペンシルゼミナール二宮校20期生(中3生)は英数国理社の中で理科の成績平均(3.9)が一番高い。歴代の中でも高いんですけどね…。やはり成績平均と模試の結果はリンクしない。

 

模試結果

第1回全県模試英語数学国語理科社会5科
ペンゼミ平均57.156.462.441.550.7268.1
全県平均50.849.965.241.348.8256.1
ペンゼミ偏差値535448505150
成績平均3.883.923.673.923.83-

平均すると19期生より低い…。英語・数学はまだしも…。国語・理科・社会が悲惨なことに。確かに対策はしていないもののここまでか…。会議でも「20期生は国語ができなんですよ…」とよく話題になっているが、偏差値50を切るとは。

でもね…。悪かったから「ダメだこりゃ!」じゃなくて、これからどれだけアップさせられるか!?それが、楽しみなんですよ!正答率などから夏期講習の入試対策方法も変更して、まずは8月の第3回全県模試で偏差値をどこまで上げられるか!腕の見せ所でしょ♪だから、しっかりついておいでね!

<2021年度の夏対策>
19期生の夏の取り組み【全県模試で理科偏差値3UP達成!!】
 

理科の分析結果

各教科分析していますが、今回は特別に理科の分析結果を一部公表。模擬試験が届いたらまずは問題分析。各問ごとにレベル・解説を作成して、受験後にクラス目標を発表。生徒たちには「えー」と驚かれますが、Aクラス92点・PNクラスは57点は取れるテスト(だから、そこまで難しくないって!)。中1単元・中2単元が50点・50点の100点満点。ペンゼミで理科を指導するのは、中2からなので中1単元はやはり低くても致し方ない。では、結果…。

理科得点平均正答率
中1単元19.25/5042.9%
中2単元22.36/5047.5%

正答率が中1単元より中2単元が高いのは普通のこと。しかし、思ったより中2単元の正答率が低い。思ったより中1単元の正答率が高い。では、難易度別で考えてみると…

こんなことを分析しています。それを基に、次の対策を学年・クラスベースで毎年対応を考え、模試ごとに確認するんですけど、思い通りに上がることもあれば、どうでないときも。これからあと6か月ちょっとですが、伸ばせるだけ伸ばすぞ!!

最後に…

ペンシルゼミナール二宮校はトップ公立高校進学専門塾ではありません。入塾テストもありません。
人数制限は、しっかり一人一人を見るために設けてありますが先着順です。だから学年のレベル差や個々のレベル差も非常に大きいので、クラスごとに大きくコンセプトは変わります。しかし、「点数・偏差値を伸ばす」ということは変わらない!

ペンゼミ日記

ページ上へ