県教委から平均点が発表されましたが…

2019年04月01日(月)

3月26日神奈川県教育委員会から公立高校合格者平均が発表されました。

理科が取れないと2019年度は厳しかった

今年度は何といっても理科の平均点が非常に高くなっていましたね。2015年度に38.6点(2014年度66.4点)を記録してから平均50点を切ることが当たり前になっていた理科。「理科はどうせ取れないから勉強しないでいいや」って思ってしまった生徒は今回の入試で非常に差が出てしまったことでしょう。

 

平均から分からない数学の点数層

英語25.2%・国語29.4%・理科38.3%・社会9.3%に対して数学は5.9%。これは点数が70点以上の点数を取った割合。数学は平均点だけ見てみると5.7点ダウンですが、これは「基礎問題」は今まで同様難易度は変化なし、「応用問題」は非常に難しい。数学が「他教科を挽回するための科目」としていた生徒には非常に厳しいものでした。各問の正答率からも読み取ることができます。

 

ペンゼミ生公立組平均点

今年は例年と比べ、非常に点数が取れる代でした。特に強い科目は「数学」でしたが、上記の通り70点以上の生徒がAクラスでも25%と平均55.7点。平均を大幅に上回った科目が英語・理科でした。社会は…今後の最優先課題です。

 

集団Aクラスの平均点


受験校は小田原・平塚江南・茅ヶ崎北稜・大船・藤沢西・西湘・鶴嶺の生徒たちの平均点です。

 

今後の課題

昨年度の入試対策から教材を変更しました。合格発表時に生徒から「採点結果」を預かり今回の結果を踏まえ授業カリキュラムを更に良くしていかなければいけません。入試対策をするのは中3生11月からです。それまでにしっかりとした力をつけていくことが大事ですね。
 

入試情報

16期生進学先・受験生を振り返って

2019年02月27日(水)

16期生進学先


本日は、公立高校合格発表。
公立高校受験組 中3生全員が報告に来てくれました。

公立高校

20名中19名合格
小田原高校・・・2名 平塚江南高校・・・1名 茅ヶ崎北陵・・・2名 大船高校・・・1名 藤沢西高校・・・1名 西湘高校・・・3名 大磯高校・・・1名 鶴嶺・・・2名 深沢・・・1名 藤沢清流高校・・・1名 二宮高校・・・3名 神奈川総合産業・・・1名

私立高校

推薦・専願組:4名
鵠沼(理数)・・・1名 湘南工科(技術)・・・1名 立花学園(進学)・・・1名 相洋(文理・進学)・・・2名

中1スタート時は4人だった16期生

4人中集団授業2名・個別指導2名でスタートした16期生。集団授業という人数では無いスタートでしたが、この2人がとても頑張り屋さん。この2人の良さは「宿題の精度が高い」こと。定期テストでも8割は超えることが当たり前になり仲間も増えてきました。中2生の11月の段階で定員に達しそれから募集をしない学年となりました。

今までで一番叱られた16期生

中学生からの入塾が多かったということもありますが、とてもやんちゃな16期生。夏・冬の宿題や小テスト(再テスト)では多くの生徒が私から怒鳴られた経験がある学年。二宮校の教室長になり一番叱った学年だったと思います。私のことを「怖い」という生徒も多かったと思います。そんな状況にも関わらず集団授業での退塾は0名。しっかり理解をしてくれていたのかな!?

今までで一番内申の高い16期生

定期試験9割を超える生徒も普通に出始め、プライドも出てきたAクラス。基礎問題は確実に点数に結びつけるPクラスも学校の平均+10点が取れるようになってきました。内申平均も107.4(A:116.1・P:92.6)と過去一番高い学年となりました。

16期生へ

受験お疲れ様でした。今ではきっとゲーム三昧の生徒もいるでしょうね。受験2ヶ月前にiPadを没収した生徒もいたしね笑 思い返してもやっぱり一番手のかかった学年だった気がします。いやー叱ったなぁー・怒鳴ったなぁーって覚えている生徒も多いと思います。何かと厳しく接したのに最後まで本当に良く頑張ってくれました。君たちの頑張っている姿に、橋爪先生も休日返上で日曜にふらっと採点のために出勤してくれたんだよ(有馬は出勤してくれなんて頼んでないからね笑)。私自身も君たちから「やる気」をもらっていました。ありがとう。

 

悔しい思いをさせてしまった16期生へ

本当に悔しいな。頑張っている姿を私も橋爪もずっと見ていました。本当に悔しい。厳しいと言われたときも「私はこの高校に行きたい」としっかり判断し逃げずに立ち向かった。胸を張って良い事です。「あーだったら…」「こーだったら…」と考えてしまうこともあるだろうけど、人生はこれからです。この経験を糧にどう高校生活を過ごし、社会に出るかではないだろうか。高校を卒業する頃にはしっかり「先生、私は〇〇のためにこの大学に行くことが決まったよ!!」って報告しに来てくれることを楽しみにしています。

 

入試が終わって… 独り言

いつもにぎやかな事務室が新年度準備期間のため生徒がいない。2週間前までは受験生たちが毎日、自習に来てくれていたのに今は誰もいない。正直、寂しい。そんな事務室でパソコンに向かい感じることは…
 
 
「力が欲しい」
 
 
ペンシルゼミナール二宮校は更にパワーアップしていかなくてはいけない。2018年度は、電子黒板2台目を導入し授業に無駄を少しでもなくしていけるようにした。その代の生徒用に教材もカスタマイズし、導入テキストを作成した。エアコンを2台(上下左右)スイングにして集中力アップ。トイレのリフォームをした。(最後はあまり関係ないも笑)

もっとだ。ペンゼミのような個人塾だからこそできるパワーアップをもっとしなくてはいけない。2019年度は「挑戦」の年にしたいと思う。そして、来年の2月にはペンゼミ生全員が合格発表日に笑顔になれるようにしたい。

入試情報

15期生 進学先

2018年02月27日(火)

15期生進学先

本日は、公立高校合格発表。
公立高校受験組 中3生全員が報告に来てくれました。

公立高校

平塚江南高校・・・1名 茅ヶ崎北陵・・・1名 大船高校・・・1名 藤沢西高校・・・1名 西湘高校・・・1名 大磯高校・・・1名 茅ヶ崎高校・・・3名 秦野曽屋高校・・・1名 藤沢清流高校・・・1名 高浜高校・・・1名 二宮高校・・・4名 秦野総合高校・・・2名 平塚工科高校・・・1名 平塚湘風高校・・・1名

私立高校

平塚学園・・・1名 向上高校・・・2名 日大三島高校・・・1名 星槎国際・・・1名

15期生へ

 受験お疲れ様。最近まで、あれだけ長い期間・時間を一緒に勉強したことがずっと昔のことのように感じるのは私だけかな!?いやっ。きっと君たちもそう感じているのではないでしょうか?口うるさい教室長で、何かと呼び出しがあったり厳しかったかもしれないけど、本当によく頑張ってくれました。君たちの頑張っている姿に私も「やる気」をもらっていたんだと思います。ありがとう。

 今年も全員が笑顔の発表とならなかったことが本当に悔しい。しかし、最後の最後まで志望校を変えずに、後悔しないように頑張った君たちはとてもかっこよかった。今は分からないかもしれないけど、この先自分の進みたいものが見つかった時に、今回のことを思い返してもらいたい。「逃げずに立ち向かった」ことは、胸を張って良い事です。いろいろな壁がこの先もあると思います。その壁にも逃げずに立ち向かい、3年後に成長した姿を見せてください。

最後に…

 ペンゼミのような小さい塾が一人一人を見なくなったら、大手学習塾に行った方が良いと私は思います。来年度は全員が笑顔で発表を迎えられるように有馬・橋爪は一人一人をしっかり向き合っていきたい。そして、これからも生徒の「やる気」に応える学習塾であり続けたいと思います。

入試情報

14期生 進学先

2017年02月28日(火)

本日(28日)は、公立高校合格発表。
14期生の進学先が決まったので、ご報告します。

14期生進学先

 

【公立高校】
小田原2名 茅ヶ崎北陵1名 座間1名 西湘3名 大磯1名 深沢1名 秦野曽屋1名 藤沢総合1名 高浜2名 伊勢原1名 二宮2名 小田原東1名
【私立高校】
早稲田大学高等学院1名 日大藤沢1名 横浜隼人(国際)1名 アレセイア湘南(特選)1名 日大三島2名 立花学園1名
【海外留学】
CAMBRIDGE1名

14期生を振り返って…

二宮校の教室長4年目の年。
「集団授業クラス」「個別指導クラス」と2クラス体制にした2016年度。

二宮町の難易度が高い定期試験にも対応できるように再開講した少人数の「集団授業クラス」。個々のレベルに合わせて的確に伸ばしていく「個別指導クラス」。どちらのクラスも生徒達は本当に一生懸命頑張ってくれた。

14期生は、女子の割合が多くコツコツと頑張る生徒が多かったように思う。集団授業クラスでは、授業難易度を上げ「自ら解く力」を養うことを重点において指導をした。その結果、点数・成績の伸びも非常に良かったように思う。個別指導クラスでは、杉江先生を中心に「生徒のもっと分かりたい」という気持ちに応えられる指導がとても生徒達の「やる気」を育ててくれた。

個性の強い14期生

進学先を見ても例年二宮町からあまり名前の挙がらない高校へ進学する生徒が多い。海外留学をする子もそうだが、1時間以上かけて通学する高校もある。内申点が基準よりかなり低くても挑戦する生徒も多かった。14期生はパワーのある学年だった。スイッチが入った時の彼らは、本当にチームになって頑張ってくれた。定期試験前や入試前は、親といる時間よりも私といる時間の方が長かったのではないか?と思うぐらいだった。現に私自身も年明けからは、娘といる時間よりも彼らと共に過ごした時間の方が長かった。

公立高校発表を終えて…

本当にみんなよく頑張ってくれた。今日、見せてくれた表情はとても良い笑顔だった。内申を覆して合格を勝ち取った生徒も非常に多かった。

ただ、今年も全員が笑顔の発表とならなかったことが本当に悔しい。彼女は本当に頑張っていた。伸び悩みをしていた1月初。授業後に2人で「根拠のない自信」について話をした。やっていることは間違えていなかった。1月末からぐんと点数が伸びてきた。とても倍率の高い高校への挑戦だったが、受験を受ける週には自信が感じられた。今回の入試では、合格発表時に採点結果が分かった。たら…れば…の話になってしまうが、本当に悔しい結果だった。今日、彼女に話したことはどれだけ伝わっているのだろう。彼女の将来なりたい仕事が、これでダメになったわけではない。3年後に一緒に働けることを楽しみにしています。

最後に…

14期生にとって、私は口うるさい厳しい教室長だったかもしれないけど、本当によく頑張ってくれましたね。あなた達の頑張っている姿に私も「やる気」をもらっていたんだなって思います。

ペンゼミのような小さい塾が一人一人を見なくなったら、大手学習塾に行った方が良いと私は思います。来年度は全員が笑顔で発表を迎えられるように一人一人をしっかり指導していきたい。そして、これからも生徒の「やる気」に応える学習塾であり続けたいと思います。

入試情報

カテゴリー

講師のご紹介

  • 教室長 有馬 雅彦

    教室長 有馬 雅彦

    私自身も、このペンシルゼミナール(工藤学園)の卒業生です。
    ペンゼミは、「生徒をやる気にさせる学習塾」、そして「生徒のやる気に応える学習塾」であり続けたいと思っています。
    ペンシルゼミナール二宮校で、一緒に頑張りませんか!?

  • 橋爪(文系科目担当)

    橋爪(文系科目担当)

    橋爪先生は私(有馬)の教え子でもあります。いつも生徒のことを考え一人一人丁寧な指導をするのが特徴です。
    分からなかった根本まで見つけて、教えてくれるのも橋爪先生の人気の秘密です!

ページ上へ